YouTuberヒカル氏のVALU騒動謝罪記事で矛盾した発言。やはり詐欺師だったのか?

 

どうもケイです。

今からみなさんに本日掲載された「AERA dot.」でのヒカル氏のVALU騒動のインタビュー記事に矛盾点がたくさんあることを検証していきたいと思います。

*長文になります。

 

9/2AERA dot.記事でヒカル氏のインタビューが掲載。

こちらが掲載された記事になります。

 

僕はもともとVALUが運用開始した当初から興味を持っておりVALUについていろいろ調べてました。

VALUの問題点は運用当初から言われてましたがそこまで知名度がまだVALUには無くヒカル氏と似たような行動をとっていた人はちらほらいました。

実際に有名ブロガーの「イケダハヤト」氏もVALUで多額の利益をあげています。

そこへヒカル氏のVALU騒動。

ここまで問題になったのはヒカル氏がYouTubeで幅広い世代に指示されていたこと。

SNSを利用して購入を事前に煽っていたこと。

さらには組織ぐるみで今回の騒動を起こしたことがあげられます。

YouTube上でも様々なYouTuberがヒカル氏の詐欺紛いの行為を検証、批判、さらには実家や関係者に嫌がらせを行なうなど大炎上になってます。

ヒカル氏はYouTube上では今回の件に一切触れることはなく、いつもと変わりのない動画をアップしてしています。

それが逆にユーザーに油をそそぐという結果になってしまったのでしょう。

8/31から毎日あげていた動画を予告もなく2日間休止。

そこへ今回の記事がアップされたのです。

 

ヒカル氏のインタビューには様々な矛盾点、そして嘘。

それでは今回の記事の矛盾点などを検証していきたいと思います。

まずはここの部分。

VALUでお金を稼ごうと考えていたことは1度もない。

じゃあなぜ最高値になった時に全員が一斉に売りにだしたのか?

ヒカル氏の言い分はファンのみんなに僕のVALUを持って欲しかったとありますが、それならもっと早い段階で売りに出せばいいのでは?

さらにはVALU開始前、ヒカル氏の師匠でもあり会社の重役「井川」氏がボランティアでスタッフをやってくれていた人達にVALUを買ってと再三勧めていたようです。

そしてVALUの価格をつり上げるためにTwitter上でも買いを煽る。

今回のVALU騒動で同じ会社に所属するYouTuberも同時に売り抜けしました。

ヒカル氏達は合計で6000万円以上もの利益をあげています。

 

次にこちら。

この部分は完全に価格をつり上げるための煽り。

VALU開始前にこんな優待を考えてますみたいなことを言って買いを煽り、いざVALU開始したら優待なんて考えてませんよと。

そもそもヒカル氏はVALU騒動後、今回得た利益はファンに還元したいと言っています。

はじめからファンに還元するつもりなら優待なんて考えてないと言う発言はおかしい。

きちんとVALU開始した時に優待します、ファンに還元します、等を言うべき。

優待を何も考えてないと発言したのは騒動が発覚した直後。

そして得た利益はファンに還元すると言いだしたのはしばらくたってから。

おそらくあまりにも反響が大きくなりすぎてとりあえず還元すると言ったのでしょう。

この部分から考察するに、はじめから自分の儲けのためだけにVALUをしたと考えるのが妥当じゃないでしょうか。

そしてここに関することで次のインタビュー。

 

18日にすべての買い戻しが完了したと。

嘘です。

完全な嘘。

ヒカル氏は少しだけ買い戻したあとその後は一切買い戻しの形跡がありません。

同じく問題を起こした同事務所所属のYouTuber「ラファエル」「いっくん」にいたっては一切買い戻しをしておりません。

このインタビューがおそらく8月の末なので買い戻すと言ってから2週間たっても買い戻しを完了できてない。

もはやこのまま騒動が鎮火するまで買い戻しは行わないのではないのでしょうか?

このことからもはじめから金儲け目的だったと推測できます。

*追記:VALU側から損害賠償勧告があったのは8/23。(買い戻しが完了したというのは完全に嘘というのが確定しました)

記者はこのことを追求してません。どうやらこのインタビュアーが身内ではないかという疑いもあるようです。

 

続いてこちら

 

ヒカル氏はVALU以外にもプレゼント企画にも疑惑が持たれています。

昨今のYouTuberはプレゼント企画をすることによって登録者数を増やそうとしています。

プレゼント対象者はチャンネル登録した人のみというのが方法。

なぜチャンネル登録者を増やしたいかというと、YouTubeには広告収入の他に企業案件というものがあります。

企業から直接、商品を紹介してほしいなどの依頼がきます。

その時の単価は登録者によって決まるらしいです。

そしてYouTuberにとってはチャンネル登録者数は人気度の指数。

なので昨今のYouTuberはチャンネル登録者を増やそうと物で釣っている訳。

その中でもヒカル氏は他のYouTuberを圧倒するほど多いプレゼント企画しています。

PS4やニンテンドースイッチなどを50台、100台と大量のプレゼントを企画してきました。

動画内でもゲーム機の箱を壮大に並べて紹介しています。

疑惑というのはこのゲーム機の箱が空箱なんじゃないのかと。

実際にアマゾンなどではゲーム機の空箱だけでも売っています。

ヒカル氏はこの疑惑を晴らすためにPS4、100台を開封して確認する作業の動画をあげましたがなんとそれは早送り部分で動画をツギハギしてるというのが発覚。

そして動画内で大量に積み上げられた箱が簡単に動いているという疑惑の動画も他者からあげられました。

そのことについてヒカル氏は言ってるんです。

PS4は箱入りで約3キロあります。

動画内では5箱分ぐらいが人が軽く接触しただけでズレています。

15キロがあんな動き方はしません。

そして別動画で井川氏が5台分を軽々持ち上げています。

15キロってかなり重いです。

僕は鉄工所で働いてるので15キロの重さがどれくらいなのかは分かります。

まぁ重いです。

さらには動画内でのPS4の並べ方。

15台を積み上げて約6列。

物理的に下の箱は潰れます。

約50キロの重さなんですから。

ためしに家にPS4がある人は箱の上に板でも置いて50キロぐらいの体重の人をのせてみてください。

確実に潰れます。

運送業者の方や家電量販店の方などは分かると思いますがこんな積み方絶対しないですよね。

そしてこれだけ大量のプレゼントをしてるにも関わらず、YouTube上で当選者の発表や実際に届いたかの確認などはなし。

ヒカル氏はプレゼント詐欺を払拭するために当選者で自宅にプレゼントが届いた人はリツイートしてほしいと言っています。

しかしほとんど無し。

実際リツイートした人の画像を見るとカーペットの色が同じ、写真の撮り方が素人じゃないというイージーミスを起こしています。

ようするに偽装してると。

100台もプレゼントしてるのにリツイートが全然ないこと自体おかしい。

そしてスイッチのプレゼント企画では動画内ではスプラトューン同梱版の箱を30台分並べてたのにリツイートした人の画像は通常版。

プレゼント当選者はヒカル氏に連絡を取らないとダメですが、ヒカル氏に連絡を取れない。

1週間以内に連絡しなければ無効になるのですが、そもそもヒカル氏側が連絡をとれないようにしている。

もう完全にクロ。

真っ黒すぎます。

 

長くなりましたが最後にこちら。

 

 

YouTubeのヒカル氏のチャンネルは批判的なコメントなど全くありません。

その結果、ヒカル信者が

「アンチは臆病」

「批判コメントを送る勇気もない」

などコメントしてます。

勘違いしないでください。

ヒカル氏のチャンネルは批判的コメントを非承認にしてるのです。

一度ヒカル氏のチャンネルで動画のコメントをみれば分かるのですが、コメント欄がすごいことになってます。

もはや宗教のようです。

ヒカル氏はもともと情報商材で儲けた人物。

そのことは伏せています。

もとから詐欺師をしていました。

ヒカル氏はYouTubeの登録者数をヤフオクで購入しているという疑惑もありますが、本人は購入方法も知らないと言っています。

そんな訳ないです。

ヒカル氏の動画ではヤフオクを使った動画も多数あげています。

簡単に箱が動いた疑惑の検証動画はそんなに広まってない動画。

それすらチェック済みなのにYouTubeの登録者数を購入する方法を知らないなんてありえません。

ここまで長くなりましたが、今回のインタビューの考察はここまで。

皆さんはどうお考えでしょうか?

ヒカル氏の今後の動向に注目です。

 

*掲載画像はAERA dot.参照

 

ヒカル氏関連記事

 




最後まで読んでいただきありがとうございます
( ^ω^ )

ツイッターフォローよろしくね(´・ω・`)



↑僕が実際にお世話になってる安全な正規の消費者金融です  

気になる方はこちらをクリック!!