780万円も払ってまで飲みたいエナジードリンク「レッドブル」。


どうも、ケイです。

ロシアワールドカップもベスト4が決まり佳境に入ってきました。

そんな中、ベスト4に進出したクロアチア選手がルールを破ってまで摂取したエナジードリンクが話題に・・・

 

「レッドブル」

 

日本の皆様にもお馴染みのエナジードリンク。しかし、ワールドカップ期間中にレッドブルを飲むことは禁じられていたのです。

 

スポンサー提供のものしか飲めない世界大会

ワールドカップを主催する国際サッカー連盟「FIFA」。1978年からコカ・コーラ社とオフィシャルスポンサー契約をしており、大会期間中のピッチ周辺では同社のエナジードリンク「パワーレード」しか飲んではいけません。

クロアチア代表で、所属するプレミアリーグでも屈指の名門リヴァプールでレギュラーをはるDF「デヤン・ロブレン」。彼は決勝トーナメント1回戦クロアチア-デンマーク戦において試合中に事もあろうか禁止されている「レッドブル」を飲んでいるところをカメラに映し出されていたのです。

クロアチア代表のデヤン・ロブレン

世界的な選手でもあり前回のワールドカップも出場している彼が「パワーレード」以外飲んではいけないなんてことを知らなかったはずがない。

今回FIFAはクロアチアサッカー協会に約780万円の制裁金を科すことを発表。

現地メディアは「歴史上最も高価な翼」と揶揄しました。

 

そもそもレッドブルって?

レッドブルはオーストリアのRed Bull GmbHが販売する清涼飲料水。

主にカフェイン、アルギニン、ナイアシン、パントテン酸を含みパフォーマンスを発揮したいときに飲むエナジードリンク。

日本でいう「リポビタンD」のようなものと考えていただければ分かりやすいと思います。

全世界で販売されていますが、各国の法律により含有する成分が違います。例えば日本で販売されるレッドブルにはタウリンが全く含まれてません。

友人がアメリカに行った時に聞いた話ですが、アメリカで販売されているレッドブルは日本の物と別物。飲むとギンギンになるようです。(捉え方は読者に任せますw)

 

世界最大の宣伝に

今回クロアチア選手が起こした問題によりレッドブルは思わぬところから名を広めることになります。

元々世界的に有名なエナジードリンクですが、今回は全世界が見守るワールドカップでさらに決勝トーナメント。ルールを破って罰金くらうの覚悟でレッドブルを飲んだ。

 

一体、どれだけの効果があるのか・・・

 

気になる。

気になってしょうがない。

よし。ちょっとコンビニで買ってきます!

みたいなwww

さっそく僕も飲んでみたいと思いますねw




最後まで読んでいただきありがとうございます
( ^ω^ )

ツイッターフォローよろしくね(´・ω・`)


現在の借金総額

1516011円


 

↑僕が実際にお世話になってる安全な正規の消費者金融です  

気になる方はこちらをクリック!!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)