自己破産経験者が語る自己破産後の生活はどんなもの?

 

どうも、ケイです。

ブログタイトルにもありますが、僕は約3年前に自己破産しました。

僕が自己破産にいたるまでの経緯、そして自己破産後の生活はどのように変化したのかを紹介したいと思います。

 

自己破産にいたるまでの経緯

率直に言えばギャンブル。

競馬やパチンコです。

しかし、競馬は借金してまではしてません。

1番の原因はパチンコでした。

競馬は土曜日と日曜日にしかしません。

当時、即パットという携帯電話から購入してましたので口座にお金がないと馬券が買えませんでした。

 

給料の振込口座と即パットの口座は別でしたので、使い込むということもなかったのです。

 

もともと競馬しかしてなかった僕。

しかし、パチンコを覚えてから借金人生が始まりました。

 

競馬は大好きで馬券もそうですが、馬や騎手に魅力を感じていて趣味の1つでした。

しかし、パチンコを覚えてから土日も朝からパチンコに行くようになり徐々に競馬から離れていきました。

 

数ヶ月後、競馬を一切見なくなりパチンコばかりやるようになります。

競馬と違ってパチンコは毎日あります。

 

そして勝てない。

でもたまに勝つ。

負けても勝ったときを思い出し、もう少しやれば当たるだろうとお金をつぎ込んでいった結果、借金してまでやるようになりました。

しかし、パチンコだけをしていた時はまだ借金額も20万円とそこまで多くなかったのです。

 

自己破産まで追い込まれたのはスロットをやりだしてから。

パチンコと違い、あっという間に1万円なくなる。

でも僕はスロットに魅了されてしまいました。

 

大好きなアニメや漫画が版権になったスロットなどは特にやりたくなってしまう。

 

気付けば借金も300万円を超えてしまい、行き詰まった僕は弁護士に相談し自己破産を進められました。

 

自己破産後の生活

自己破産を申請してから免責がおりるまで約1年かかりました。

30歳の時です。

さて、自己破産後は大変な生活が待っているのだろう・・・

 

そう思ってたんですが、蓋を開けてみればなんてことはない。

特に不自由なことは無かったのです。

 

自己破産するまで追い込まれた人はそもそもクレジットカードもまともに使えない状態です。

自己破産すれば当然、クレジットカードは持つことができません。

しかし、世の中にはデビッドカードというものがあります。

デビッドカードとはクレジットカードと似たようなもの。

ただし、クレジットカードと違うのは引き落とし口座にお金をがないと使えません。

デビッドカードで支払うと口座のお金が引き落とされるということ。

口座にお金がなければ使えないんです。

 

保険の支払いや携帯電話代などデビッドカードで引き落としできるのでクレジットカードとほとんど同じです。

 

自己破産後は借金もなくなり、以前に比べてお金に余裕ができました。

しかし、その余裕がまた僕を狂わせたのです。

自己破産を申請してから長らくスロットから離れていました。

しかし借金を返さなくていい、ボーナスが入る、その結果またスロットにハマってしまったのです。

 

そしてまたお金がなくなる。

自己破産した人は10年はお金を借りることができないと思ってました。

しかし、それは法律で決まってるわけではなく消費者金融がブラックな人には貸さないだけ。

自己破産後でも消費者金融に借りることができるのです。

 

かといって大手の有名な消費者金融はほぼ無理です。

でも、消費者金融は全国に大小合わせて無数の業者がいます。

その中で中小消費者金融は自己破産後でも融資してくれるのです。

 

一度、中小消費者金融の担当者に聞いたことあるんですが、債務整理してない多重債務者より債務整理して借金返済が楽になった人や自己破産して借金がチャラになった人の方が返済能力はあると判断していると言ってました。

その結果、現在はまた数社に借金してる状況ではあります。。。

 

僕には嫁がいるんですが、結婚する前に自己破産したことを告げました。

結婚後は嫁の名義のクレジットカードを使ったり、嫁の名義で賃貸を借りたしています。

僕はやらなかったんですが、ウルトラC級の裏技で苗字を変えれば信用情報は新たな名前のものになるので、大手の消費者金融で借入できたり、ローンも組めるそうです。

 

ギャンブル、浪費での自己破産は同じ失敗を繰り返す

最後に体験者からの忠告。

僕もそうだったように、ギャンブルや浪費で自己破産した人は確実な同じ失敗を繰り返してしまいます。

もともと意思が弱くて借金してまでギャンブルをする人間。

あれだけあった借金が簡単にチャラ。

少しぐらいは大丈夫だろとまた借金してしまいます。

個人的に言わせてもらえば、ギャンブルや浪費で借金した人は債務整理を考える前にまずギャンブル、浪費をやめることから始める方がいいです。

 

じゃないと僕と同じ運命になります。

自己破産は申請すればよほどのことがない限り免責はおりるので、もう借金もギャンブルも浪費もしないと固く決意した人のみ自己破産を選びましょう。

 

自己破産しても会社にバレることもないですし、自分から言わなければ身内にバレることもありません。

生活していく上でも、ワガママを言わなければいたって普通の生活が送れます。

自己破産を考えてる方は僕と同じ失敗をしないでくださいね!!!

 

 





最後まで読んでいただきありがとうございます
( ^ω^ )

ツイッターフォローよろしくね(´・ω・`)


皆さまの1票が励みになります(・ω・)
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 ←ポチッ
 

現在の借金額、借入業者一覧


バンクイック・・・・・292790円

SMBC(旧プロミス)・・458463円

*上記が友人名義のカードローン

セントラル・・・・・・199270円

ニチデン   ・・・・・・185600円

フクホー   ・・・・・・191250円

AZ          ・・・・・・188638円

現在の借金総額

1516011円


 

↑僕が実際にお世話になってる安全な正規の消費者金融です