自己破産後の生活はどんなものか。自己破産経験者が語ります。


 

どうも。

2016年4月に自己破産をしたケイです。

自己破産をするとまともな生活はできるのか?

そんな疑問を持たれてる方も多いと思います。

自己破産からもう1年半が過ぎました。

そんな僕の生活を紹介したいと思います。

 

自己破産をしたら生活は変わる?

自己破産をしたあと生活スタイルはかわるのか?

ハッキリ言います。

激変します!!

 

と言ってもいい意味での激変。

 

自己破産前は借金返済に四苦八苦してました。

給料が入れば返済。

消費者金融のカードを6枚使い、コンビニでひたすら返済しては引き出し違うカードへ返済。

毎月の返済日が嫌でした。

そんな返済に追われるということを考えなくていい。

 

自己破産後というより、正確には弁護士に自己破産を依頼してから。

弁護士に依頼した時点で僕の借金はすべて弁護士に責任がいくのです。

なので借金のすべての対応は弁護士がしてくれるので、自己破産の免責がおりる1年以上前から借金のことはもう考えなくてよくなりました。

 

普段の生活はというと特に変わりなく。

自己破産はデメリットがたくさんあります。

後でデメリットについては書きますが、そのデメリットをすべて帳消しにしてしまうほどのメリットが自己破産にはあると僕は思っています。

 

自己破産を考えている人が気になること。

僕は実際に自己破産をしたので、今まさに自己破産を考えているという人の気持ちはよく分かります。

なので、ここで自己破産を考えている人が疑問に思ってることや不安なことについて僕なりに教えていこうと思います。

 

会社や家族にバレないか?

ほぼバレないと言っても過言ではありません。

自己破産をすると政府が発行している「官報」というものに名前や住所がのります。

しかし一般人で官報なんて見る人はいません。

官報は毎日発行され膨大な量の情報がのってますので、仮に誰か見たとしても見つかる可能性は限りなく近いのです。

 

もしバレるとすれば、弁護士からの手紙や裁判所からの手紙。

ここさえきちんとしてれば、家族や会社にバレることはありません。

 

スマホの分割払いはどうなる?

現在、分割購入している方は停止される恐れがあります。

スマホの分割代金も免責の対象となるので払わなくてよくなります。

しかし携帯電話キャリアがそれによって利用停止する可能性があります。

事前にキャリアに相談し、残りの金額を一括で払うなどすると大丈夫かもしれません。

自己破産後のスマホの分割購入は難しいでしょう。

スマホの分割購入も審査があるので自己破産後はほぼ無理だと思っておいたほうがいいです。

僕は自己破産申請中にスマホの分割購入しようとしましたが審査に通りませんでした。

あとで調べましたが弁護士に依頼してから自己破産までの間はどんなローンでもほぼ100%通らないようです。

しかしスマホの一括購入をしてキャリアと契約するのは問題なくできます。

あくまでも審査は分割購入できるかどうかだけなので。

 

最新のスマホが分割で購入できないのは不便と思う方もいるかもしれませんが、ここ数年で出たスマホは機能の頭打ち感がでています。

多少の変更はあれど、普通に使う程度なら数年前のスマホでも十分です。

最新のスマホの機能をすべて使いこなせる一般人はそうはいませんからね。

ちなみに僕は自己破産後、auからmineoに乗り換え、スマホは中古でiPhone5sを買いました。

正直言って、iPhone5sはかなりの使い勝手のいい最高のiPhoneだと思ってます。

なので2台目も買いました。

画質も音質も操作性も文句ありません。

僕のブログもすべてiPhone5sで作成しています。

 

車のローンや持っている車はどうなるのか。

これはその人の状況によって大きく変わってきます。

車は生活必需品として見ることもできるからです。

自己破産する場合、資産を20万円以上持っていてはダメです。

なので通帳の中身もなるべく20万円を越さないようにと弁護士から言われました。

会社の通勤や仕事などでどうしても車が必要となればその車が20万円以上の価値があったとしても許されます。

しかし別に車がなくても大丈夫と判断された場合は車を売り、そのお金は消費者金融への返済金の一部として没収されます。

僕の場合はというと車の名義が父親だったため大丈夫でした。

なので裏技としてはとりあえず自己破産申請中はほかの人の名義にして自己破産後に自分の名義に戻すといった感じでしょうか。

自己破産後はローンはほぼ組めないと思っておいてください。

 

消費者金融からお金を借りることはできないのか。

僕のブログを見てる人ならご存知ですが、消費者金融からお金を借りることはできます。

といっても大手の有名なプロミスやアコムなどからは無理でしょう。

ここでできるというのは中小の消費者金融。

大手に太刀打ちするためには中小の消費者金融はブラックな人にもお金を貸さないととてもじゃないですが、無理です。

なので中小の消費者金融はかなり柔軟に審査をしてくれます。

このページの下の方にリンクを貼っているので興味のある方は見てください。

ちなみにセントラルという中小消費者金融は大手並みのサービスを誇っているのでかなりオススメです。



 

 

クレジットカードは持てるのか。

諦めたほうがいいでしょう。

しかし審査のないデビッドカードは持てます。

デビッドカード不可のお店やネットもありますが、クレジットカードをどうしても持ちたいという人はデビッドカードを持つことをオススメします。

あとETCカードなんですが、クレジットカードがなければ持てないと思ってませんか?

実はETCカード単独で持つこともできます。

全国の高速道路のサービスエリアに案内のパンフレットが置いてあるので興味あるかたは見てください。

5万円の保証金をいれないとダメですが、それさえクリアできればETCカードも持つことができます。

 

現在住んでいる賃貸や持家はどうなるのか。

まず持家なんですが自己破産をすれば当然、資産が20万円以上になるので手放さなければなりません。

では賃貸は?

すでに住んでいるのであれば大丈夫でしょう。

ただし家賃を滞納していたり、毎月家賃の支払いが遅れているのであれば退去命令があるかもしれません。

では賃貸の契約はできるのか?

これは契約する賃貸によって大きく変わってきます。

最近の賃貸は保証会社に入ってる場合が多く、賃貸の審査に落ちるのはこの保証会社が絡んでいるのです。

住人が家賃を支払わなければ大家さんには保証会社が一時的に家賃を支払うシステムなのでブラックの場合は保証会社に加入しているせいで審査に落ちてしまいます。

しかし全部の賃貸が保証会社に加入しているわけではないですし、なかには保証会社に加入していても独自の審査を行うところもあるので、もしできるなら事前に契約する大家さんや仲介業者に自己破産をしていると言えば、対応してくれるでしょう。

 

 

自己破産をして1年半生活して思ったこと。

自己破産をして1年半たちました。

この1年半、自己破産をして後悔したことは1度もありません。

返済に追われた地獄のような日々から解放されたことが自己破産のデメリットをかき消してしまうからです。

自己破産をしたからといって仕事や生活で不利益になることはありません。

ほんとに普通に生活できています。

僕の場合はまたパチンコ依存性が再発し借金をしてしまいましたが・・・

 

みなさんは僕みたいにならないでください。

信用情報の記録は自己破産の場合7年間のると言われています。

その間はローンなどは通りづらいでしょう。

しかし悩んでるかたは早めに自己破産してください。

1年でも早くブラックからホワイトになるために。

 

僕の自己破産体験談が参考になれば幸いです。

 

他にも自己破産について知りたい方はこちらから。自己破産経験者の僕が解説します。

 

 

 




最後まで読んでいただきありがとうございます
( ^ω^ )

ツイッターフォローよろしくね(´・ω・`)


現在の借金総額

1516011円


 

↑僕が実際にお世話になってる安全な正規の消費者金融です  

気になる方はこちらをクリック!!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)