パチンコ屋で殺人事件・・・。原因は2円スロットの台の取合い(・Д・)


どうも、ケイです。

先日、こんなニュースが入ってきました。

7月5日のお昼ごろ、名古屋市北区のパチンコ店「キャッスル」で起きた事件。

無職・大角哲也容疑者(50)が同じ店で遊戯していた加藤友美さん(44)の胸などを複数回、刃物で刺し死亡させた疑い。ちなみに加藤友美さんは男性です。

2人は常連客でこの日は台の取合いで口論したようです。トイレで刺した後、カウンターの方に逃げて倒れ込んだ被害者をさらに複数回刺しました。

 

発端は2円スロットの台の取合い

この店は2円スロットの客つきがよく、他は閑散としているお店。2人は2円スロットの常連客だった模様。

この日2人は2円スロットの台の取合いで口論し、事件につながりました。容疑者は殺すつもりで被害者を刺したようです。

無職・大角哲也容疑者(50)

2人とも生活保護を受給しているという情報もあります。

 

低貸しでもお金がかかってるのは間違いない

昨今は低貸しのスロットやパチンコが大人気です。僕のマイホも0.2円パチンコを導入してから常に満席。

年配の方々の割合が圧倒的に多いです。低貸しのパチンコやスロットにハマる人は立派な依存症。この2人は生活保護を受給していながらパチンコ屋に入り浸る不届き者です。

一般の人には理解に苦しむ、2円スロットでの台の取合いで人を殺す。彼らにとっては死活問題だったのでしょう。

たかが2円スロットで人生を棒にふる。。。なぜそんなことになるのかというと、やはり、

 

お金。

 

これがすべて。

2円スロットだろうが、お金が関係してきます。20スロや4円パチを打ってる人でも台パンや迷惑行為は頻繁にあります。そんな人に総じて言えることはお金が無いということ。

お金に余裕がある人はそもそもパチンコはやりません。やったとしても、たまに行くぐらいの嗜む程度。

お金がないからパチンコへ行く。矛盾してるようですが、依存症の人はパチンコでお金が増やせると思うからパチンコをするんです。

僕も昔は依存症で借金をしてまでスロットを打ちその結果、自己破産した身。

でもお金に余裕がない人は100%負けます。設定狙いや釘を読む人と違って、夢、憶測、希望にすがりついてしまうからです。

彼らは2円スロットでも希望を見出していたのでしょう。だからこそ、2円スロットごときでも台の取合いもするし、事件も起こす。

何事も余裕を持つことが大切ですね。

パチンコ屋で人が刺されるというニュースは毎年のようにありますので、自分の身に降りかかる恐れもあります。

余裕を持って、狙い台が取られてもイライラせず遊び程度にパチンコを打つのが一番です。

パチンコはあくまでも娯楽。のめり込みすぎないようにしたいものですね。




最後まで読んでいただきありがとうございます
( ^ω^ )

ツイッターフォローよろしくね(´・ω・`)


現在の借金総額

1516011円


 

↑僕が実際にお世話になってる安全な正規の消費者金融です  

気になる方はこちらをクリック!!

 






2 件のコメント

  • そもそも国に飼われてる連中が余らないはずのお金で娯楽を楽しむとか、税金を払ってるボクらからすれば許せないです。みんな嫌な思いをしてお金を稼いでるのに。カイジの地下帝国みたいに本当に最低限の生活にして欲しいですね。じゃなきゃみんな働くのがバカバカしくなります。

    • ビスケットさんコメントありがとうございます!
      以前、大分県だったかな?生活保護でパチンコを打つことを禁止すると発表してから一部から叩かれまくっていました。生活保護者も娯楽は大事、それを奪うなと。
      僕達、一般庶民からしてみれば、生活保護でパチンコなんか打つなと思いますが、ごく一部の人間からの「生活保護者の娯楽を奪うな」という意見を尊重し、生活保護者パチンコ禁止というのも取り止めになりました。
      でも実際に生活保護者でほんとうに必要で受給している人は何人いるのか?そもそもパチンコ打てるなら働けるだろうというのが僕の中での思いなのですが・・・
      ちなみに僕は仕事を8時間するより、パチンコ8時間打つほうが疲れます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)