ゲームセンターにいる意識高い系男子の信じられない行動

 

どうも、ケイです。

最近ゲームセンターに現れた意識高い系男子の軍団。

ニューエラ風のキャップやエグザイルみたいな髪型(僕はオッさんなのでツーブロックは全てエグザイル風と言うwww)、最近流行りなのかタイツみたいなピチピチのズボン。

 

トイレの鏡の前にはいつも髪の毛や服装を気にして全身を見ています。

 

あー。

若いっていいなぁと思う今日この頃。

 

彼らは4人くらいの集団でメダルゲームに一喜一憂。

馬鹿でかい声で騒いでいます。

 

まぁゲーセンは静かなところでもないので、盛り上がってるなぁ程度でしか見てませんでした。

 

しかし、今日衝撃的な光景を目にしたのです。

 

意識高い系男子の1人が女子便所に入り、女子便所の鏡で服装や髪型のチェックをしていたんですΣ(゚д゚lll)

僕の行ってるゲームセンターのトイレは扉が重く、よく開けっ放しにしてあります。

 

だから女子トイレで自分チェックしている意識高い系男子が丸見え。

 

実は他の客がトイレの方を見ながらヒソヒソ話してたので、なんだろうなとチラッと見たらまさかの展開でした。

 

その時は男子トイレ、女子トイレともにトイレの入り口の扉は開けっ放しになっていました。

 

女子と男子のトイレを間違えるというのはありえません。

この意識高い系男子たちは常連と化してますし、そもそも男子トイレと女子トイレは見ただけで雰囲気が違うので分かります。

 

この男はいったい何がしたかったのか?

 

自分に酔ってしまい、カッコいい俺が女子トイレで自分チェックしてるぜ!というのを女子にアピールしたかったのか?

 

しかし、何度見てもあのタイツのようなピチピチのズボンは笑える。

ケツとかのラインがくっきり見えるし、とにかくダサい。

 

なんであんなのが流行ったんだ?

 

ちなみに意識高い系とはこのようなものです↓

意識高い系(いしきたかいけい)とは、自分を過剰に演出する(言い換えれば、大言壮語を吐く)が中身が伴っていない若者[1][2]、前向きすぎて空回りしている若者[3]、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人[4]などを意味する俗称である。

特徴

常見陽平は、「意識高い系」の特徴として「自分のプロフィールを『盛る』」、「名言を吐きまくる」、「横文字(カタカナ語)を多用する」、「人脈作りに熱心」、「勉強会や異業種交流会をやたら開く」、「ビジネス書を多読し、中途半端にその真似をする」、「少し関わっただけの案件に対し、全て自分がやったかのように言う」などを挙げている[9]。また、「やたらとカッコつける」、「自分磨きに取り組む」、「就職活動のイベントに積極的に参加する」[11]、「スターバックスでMacBookを使う」、「大学在学中に起業し、CEOの肩書の名刺を持ち歩く」[14]なども「意識高い系」のイメージとして語られることがある。

片田珠美は、「意識高い系」のタイプとして、目に余る上昇志向、高すぎる自己評価、「頑張っている自分自身」が好き、驕り高ぶった特権意識、傲慢な金満主義の5点を挙げている[7]。

引用:Wikipedia

 

女子トイレに入ってたら犯罪と勘違いされますのでやめたほうが・・・

 

今後、この意識高い系男子たちには要注目ですね。





最後まで読んでいただきありがとうございます
( ^ω^ )

ツイッターフォローよろしくね(´・ω・`)


皆さまの1票が励みになります(・ω・)
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 ←ポチッ
 

現在の借金額、借入業者一覧


バンクイック・・・・・292790円

SMBC(旧プロミス)・・458463円

*上記が友人名義のカードローン

セントラル・・・・・・199270円

ニチデン   ・・・・・・185600円

フクホー   ・・・・・・191250円

AZ          ・・・・・・188638円

現在の借金総額

1516011円


 

↑僕が実際にお世話になってる安全な正規の消費者金融です    





2 件のコメント

  • 過去記事を見ていて少し気になったんですが、『現在の借金額、借入業者一覧』って、更新していないんですかね?

    • ルイージさんいつもコメントありがとうございます!
      そういえば2ヶ月ほど更新してません。。。
      ちなみに借金額は「プラグイン」というスマホのアプリみたいなもので書き込んでいるものなので、更新すればすべての記事内にある借金額も最新に更新されます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。