カジノ法案成立で借金大国日本になる?

 

どうも、ケイです。

みなさん日本にカジノができるかもっていう話は一度は耳にしたことがあると思います。

東京オリンピックまでにはという話ですが、このままいくと遅かれ早かれカジノはできるでしょう。

 

カジノしか焦点が向けられていないのですが、そもそもこの法案は統合リゾート施設を作ろうというもの。

 

カジノもふくめてショッピングや遊園地など様々な遊びができるレジャー施設です。

 

目的としては外国人観光客を増やすため。

その中の1つとしてカジノを入れようということ。

 

しかし、簡単にカジノといってもどうしてもでてくる問題が依存症。

 

おそらくこの依存症対策を解決しない限り、カジノができるのは遠のくのではないでしょうか。

 

依存症対策。

 

僕の推測ではありますが、現在のパチンコを取り巻く問題を解決することによって依存症対策の実績を作ろうとしてるのではないでしょうか。

それが今年に入り次々と決まった規制。

 

パチンコ、スロットともにもはや遊技者人口減少は間違いないほどの規制がつくられました。

 

4時間で5万円以上勝てない仕様。

パチンコは1500玉上限で確変率MAX60%。

スロットは純増2枚のART1500Gリミット。

 

今、このパチンコ、スロットが店舗にあったら皆さんやります?

1週間もあれば余裕で通路になるでしょう。

しかし、残念ながら数年後にはすべてがこのような台ばかりになってしまいます。

 

おのずとパチンコ人口も減り、依存症者も減る。

政府の依存症対策が成功?とみなされカジノ法案は一気に成立へ加速するでしょう。

 

しかし、僕はパチンコよりカジノのほうが危険だと思ってます。

 

最近、メダルゲームをやりにゲームセンターによくいきます。

現在はメダルバンクに18000枚ほど貯めることができました。

 

しかしこの程度はまだ少ない方。

他のお客さんは10万枚以上保有してる方がたくさんいます。

 

なぜ、これほど貯めれるかというと「アニマロッタ」や「カラコロッタ」などのダイレクトでメダルをやり取りするゲームで一度に1000枚以上ベッドして高額配当を得ているからです。

僕も万枚を超えてからは50枚程度のベッドじゃ満足できずに、100枚以上かけてます。

 

ハイベッドする人のなかには数時間で2万枚、3万枚負ける人も多いですが、そのかわりリターンも大きいので一発当てれば倍以上になってもどってきます。

 

ここまで話せば分かるでしょう。

スロットやパチンコはどうやっても1日に負ける金額は上限があります。

 

しかしカジノはその上限がない。

 

競馬などもそうですが、競馬の場合は考えてかけないとほとんど当たりません。

 

カジノというのはいわばメダルゲームの現金をかけるバージョン。

 

ルーレットなどの単純なものなら誰でもできます。

熱くなって負けをとりもどそうと、高額をかけてしまったら・・・

 

カジノはないほうがいいのではないでしょうか?

それか韓国みたいに外国人専用にするか。

 

いずれにしろ、いまだにパチンコの3点方式について言及しないところをみるとパチンコは劣化していくだけで無くなることはないでしょう。

 

そこにカジノも加わればちょっと恐ろしいことになるんじゃないですかねぇ。。。

 





最後まで読んでいただきありがとうございます
( ^ω^ )

ツイッターフォローよろしくね(´・ω・`)


皆さまの1票が励みになります(・ω・)
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 ←ポチッ
 

現在の借金額、借入業者一覧


バンクイック・・・・・292790円

SMBC(旧プロミス)・・458463円

*上記が友人名義のカードローン

セントラル・・・・・・199270円

ニチデン   ・・・・・・185600円

フクホー   ・・・・・・191250円

AZ          ・・・・・・188638円

現在の借金総額

1516011円


 

↑僕が実際にお世話になってる安全な正規の消費者金融です