やる意味あるの?今年の「FNS27時間テレビ」は収録番組を流すだけ!


日本テレビの24時間テレビと並ぶフジテレビの一大イベント「FNS27時間テレビ」。

今年はビートたけしが総合司会を務めます。

毎年7月にやっていますが、今年は9月に変更。

しかし近年のフジテレビは視聴者が「?」と思うような行動をばかりしてます。

数年前に年末の年越番組にワンピースのチョッパーの映画をながしたり、今年で言えばアナと雪の女王というヒットコンテンツをノーカット放送と言いながらエンディングを自社の自己満足エンディングにしたり・・・

 

27時間テレビもここ数年のフジテレビの迷走により年々視聴率をさげ、去年はなんと7%台。

今年はいろいろリニューアルして視聴率アップをはかろうとしているフジテレビですが・・・

 

  • ほとんどが収録でおわり?

­

今年の構成はほぼ収録番組。

20本もの番組で構成されますが生放送は「めざましテレビ」だけ。

エンディングも今の予定だと収録なのです。

これはただの27時間テレビを流しますよと言ってるだけ。

これが視聴率アップの打開策なのか?

27時間のうちにとりあえず視聴率とれる番組を詰め込もうというまさかの発想。。。

凡人には天才の考えることが分からないと言いますが、さすがにこれは・・・

 

数年前のチョッパーの映画を年越に流すという愚行に似てますね。

とりあえず人気ありそうなの流しとけば視聴率とれるだろと・・・

 

あとビートたけしさんの司会ってどうなんでしょう?

最近はもうなに喋ってるか分からないほどフガフガ言って聞き取れません。

そもそもビートたけしさんに27時間起きて司会しろっていうの自体無理なことなんでね。

 

今年の27時間テレビがどれほどの視聴率をだすのか?

今から楽しみです。

番組内容でなく視聴率がね。

ちなみに僕は見ません。

 




最後まで読んでいただきありがとうございます
( ^ω^ )

ツイッターフォローよろしくね(´・ω・`)


現在の借金総額

1516011円


 

↑僕が実際にお世話になってる安全な正規の消費者金融です  

気になる方はこちらをクリック!!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)